年下に恋してしまった私の体験

年下に恋してしまった私の体験

始めは好きではなかったのです。ただいいかなあと思っていたのです彼のこと。
そんな彼は私と同業者であり、親密というほどの中ではなく、以前は全く接点がなかったのに、最近になってようやく彼との仕事の接点が得られるようになり、彼と話が出来るようになったという状況です。

でも以前から彼の存在は知っていたんですよ。彼は会社の中で、年齢は若いけれど、仕事はできるし、上司に気に入られているから将来は有望だとか言われていましたし。またそのように褒められる人って、何か欠点がありそうなものですが、彼は性格もいいし、イケメンだったのです。そんな彼のことですから、取り巻きはたくさんいましたし、私は外から眺めているだけだったのですね。

そんな彼のことを気になりながらも近づくことが出来ず、見ることが出来た時には目の保養が出来た!と思って過ごしている日々でした。

しかしある時転機が訪れました。彼と仕事上の接点が増えたのです。みんなが憧れる彼と一緒に堂々といる時間を持てることが出来るようになったのです。

これを受けて、仕事で彼に接するということだけど、私はいつも仕事が上の空になってしまうほど。また彼が近づくたびに心拍数が上がり、ドキドキがとまらなくなりましたね。これって私、彼に恋をしているんだとちょっと恥ずかしくなったほど。

そんな仕事で一緒になる機会があった後は、彼と急接近。仕事上だとはいえ、一度は飲みに行ったこともあります。数日前から何を着て行こうか、またメイクはどうしようかな?仕事とは別の顔を見せたいな。でも旦那にばれないようにしなくっちゃといろいろな不安がよぎりました。

結局うちの旦那は鈍いし、仕事上といえば、大体なんでも許されるタイプなので、彼のことはばれませんでしたね。

私も彼からもし迫ってくることがあったら、いつでもOKという態度をとっていましたが、彼にとっては私は年上の女、また既婚者です。

そう容易には近づいてこれませんよね。そして彼との急接近はありませんでした。残念ながら。でもこれをきっかけに私は彼と気軽に話をすることが出来るようになり、ほかの女性が羨む中彼と話をすることも出来ます。これってかなり優越感!彼のことは心に秘めておくつもりです。だって、こんなに会社でときめいて、楽しくて、また目の保養もできるということはないですから。彼を逃すとこんなに楽しい思いはできなくなるので、誰にも言わず、わたしだけでひそかに楽しみたいと思っています。

でもね、主婦だってセックスレスになったらセフレが欲しいんですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です